危険信号を発するキケンな虫|キイロスズメバチの駆除費用相場

害虫による経済的被害

作業員

近年、トコジラミの大量発生が懸念されるようになりました。トコジラミというのは戦後の日本で大量発生したことのある害虫で、当時の日本で社会問題を発生させたほど恐ろしい害虫なのです。その時は大規模なトコジラミ駆除政策によって日本国内から存在を根絶することに成功しましたが、最近になって再び日本国内に現れたのです。最初に現れたのは沖縄県で、その原因は外国人観光客の増加にあると言われています。外国では現在もトコジラミによる被害が社会問題となっており、その最中、観光客として訪れた外国人の荷物に紛れたトコジラミが日本国内に入ってきてしまったのです。
トコジラミは、宿泊施設においてその被害を多く発生させます。この害虫は繁殖力が高く、宿泊施設に発生した際にはその数を瞬く間に増やしていくのです。また、生命力も強いため、餌がなくても長期間生存し続けます。日中は暗い場所に身を潜めており、暗くなると生き物の吐く二酸化炭素に引き寄せられて忍び寄り吸血を行ないます。つまり、宿泊施設の利用者は恰好の獲物なのです。宿泊施設にとってそういった被害は、大きな問題となるでしょう。宿泊施設でトコジラミが発生した際には、一時休業を行ないトコジラミ駆除業者に依頼して駆除作業を行なってもらう必要があります。トコジラミ駆除はその宿泊施設にある部屋数によって変動し、大抵の場合、高額の費用が必要となるのです。一時的な休業でも経済的損失を受ける上、トコジラミ駆除の費用でも大きな出費が発生します。つまり、トコジラミというのは経済的被害を発生させる恐ろしい害虫なのです。